フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 80m Band Ducie I. VP6Aと奇策でQSO | トップページ | IC-7610 ファームウェア―アップ「DPD機能追加」 »

2023年6月26日 (月)

半田ごて風防の製作

 

 先人の知恵としてADXA om'sよりモノ作りに際し、いろいろとご教示頂いてきました。今回の半田鏝の馬力アップは「目から鱗が落ちる」の例えで、作ってみて解るハズとモノマネで半田ごて風防を製作してみました。

 外作業の半田付けでは、こてが冷めない様に風を背に長らく半田箇所に当て済ませてました。それでも、こての容量が小さいとポロリ、たまらずガスごてを入手、半田付けしていますしかし、ガスごては着火時に風に弱く「半田鏝の馬力アップ」は大助かりで、冬場の160m Band マッチングのタップ付け直しなどに活躍の場があるものと、半田ごて風防を2式用意しました。Photo_20230626160601

半田ごて風防 左48W用、右90W用(QUICK HEAT)

『部材と製作手順』

1. 左側風防(径 30mm、長さ 75mm、厚 3mm)
風防を取り付ける半田ごてはCX-100 48W(ヒーター部 φ11mm)、部材はアンテナエレメント(ジュラルミン)廃材、上から25mmの位置へφ3mmビス×3本の止めネジ(タップ処理)を取り付けます。

2. 右側風防(径 20mm、長さ 60mm、厚 1.5mm)
風防を取り付ける半田ごてはTQ-95(QUICK HEAT) 90W(ヒーター部 φ8mm)、部材は同様、上から20mmの位置へφ4mmビス×3本止めネジ(タップ処理)を取り付けます。Photo_20230626163701


半田ごて風防セット(中心へ止めネジで位置調整)
 風防部分はパイプカッターでカット、バリ取り後にビス取り付けの位置決め、120度間隔でポンチ叩きを済ませ、φ2mm(左)/φ3mm(右)のドリルで穴あけ、φ3mm(左)/φ4mm(右)のタップ切り、ビスをねじ込み、半田ごてに取り付け出来具合をチェックしました。その後、ナイロン布織布(ミガキロンZ 粗目)で磨き「半田ごて風防」の完成としました。

 ご教示頂いたADXA omによると、現役の頃は缶コーヒーの空き缶を風防として半田付け作業を無事終えた事もあったそうです。先人の知恵には敬服、自作の糧や楽しみとなってます。

« 80m Band Ducie I. VP6Aと奇策でQSO | トップページ | IC-7610 ファームウェア―アップ「DPD機能追加」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 80m Band Ducie I. VP6Aと奇策でQSO | トップページ | IC-7610 ファームウェア―アップ「DPD機能追加」 »