フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 広帯域(500MHz超)プローブの製作 | トップページ | 80m Band Ducie I. VP6Aと奇策でQSO »

2023年1月28日 (土)

IC-7610 LAN接続で時刻補正

 IC-7610を2018年に入手し、気に入って我がシャックのメイン機となり、WSJT Digital ModeのDXで大活躍してくれてます。昨年暮れから内臓の時計がリセットされ「2000 01 01」の表示になり、故障?かとWebサイトで検索すると時計電池の寿命で交換が必要との事です。しかし、IC−7610にはイーサーネットLANをネットワークに接続すると時刻補正するNTP機能があり、時計電池は故障発生時に交換と考え、しばらくネットワーク対応で使う事にしました。

 シャックのWiFi接続したデスクトップPCのイーサーネットLANとIC-7610 LANをストレート/クロスケーブルで接続し、NTP機能をONとして試しましたが<<ネットワーク時刻補正は失敗しました>>
ADXA BBSにて助けを求め、ADXA OMがデスクトップPCのWiFiとイーサーネットLAN端子をネットワークブリッジ構成にするWebサイトを見つけてくれました。VY TNX OM


Photo_20230201113901

 ネットワークブリッジに設定した[デスクトップPCのLAN端子]と[IC-7610のLAN端子]をクロスケーブルで接続した結果、デスクトップPCのWiFi経由でNTPサーバーにアクセスでき<<ネットワーク時刻補正は成功しました>>
IC-7610の内臓時計は正確な現在日時を表示して、電波時計と見比べても遜色なしの秒表示で大満足しています。

【ネットワークブリッジ構成手順】
Win10 「スタート田」 を左クリック→「設定」左クリック
Win10
「ネットワークとインターネット」左クリック

Photo_20230129124901
「ネットワークの状態が表示される」→ネットワークの詳細設定「アダプターのオプションを変更する」左クリック


Photo_20230130104201
Ctrl keyを押しながら「WiFi」「イーサーネット」左クリック→「ブリッジ接続」右クリック
Photo_20230129205701
「ネットワークブリッジ」が表示される(確認:ネットワークの状態はWiFiマーク→LANマークとなる)

Photo_20230129210001
 これでデスクトップPCのWiFiとイーサーネットLAN端子がブリッジされました。IC-7610のLAN端子からクロスLANケーブルでデスクトップPCのLAN端子へ接続し、IC-7610の<<ネットワーク時刻補正>>をタッチすることでWiFi経由でNTPサーバー(ntp.nict.jp)へアクセスし、「ネットワーク時刻補正に成功しました。」と表示、OKをタッチすることで正確な現在日時を表示します。

Photo_20230129151901
IC-7610 時間設定 時刻補正
追記
 上記システムでIC-7610よりNTPサーバーへアクセス出来ましたが、時々デスクトップPCのWiFiが切断される現象が発生したので、ブリッジ構成を解除しました。
懸案についてはWiFi中継
器をIC-7610の近くにセットしてLANストレートケーブルで接続し、NTPサーバーへアクセス「ネットワーク時刻補正」するように変更しました。(SSID  ****-******-*_EXT)
Lan-wifidrw

 これまで親機WiFiルーター(1F居間)の電波を2FシャックのデスクトップPCでWiFi接続出来てますが、レベルが低くWebアクセスはギリの状態で使ってきました。WiFi中継器を2F床近くにセットした結果、2FでのWiFi接続も良好となり、Webアクセスも安心して使えてます。WiFi Analyuzerで計測すると電波の強さが28dBm程度改善されました。
Wifi
デスクトップPC周辺 WiFi電波の強さ

 WiFi中継器と親機WiFiルーターの接続については「WPSボタンで自動設定」で簡単でした。
デスクトップPC、スマートホンのWiFi中継器へのアクセスはSSID末尾
_EXTに親機WiFiルーターと同じパスワードの設定が必要でした。なお、WiFi中継器と親機WiFiルーターの電源はTVやスマートホンでの活用を考慮して、常時入りとしています。

« 広帯域(500MHz超)プローブの製作 | トップページ | 80m Band Ducie I. VP6Aと奇策でQSO »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 広帯域(500MHz超)プローブの製作 | トップページ | 80m Band Ducie I. VP6Aと奇策でQSO »