フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« IC-7610 ザ(座)・Sメーターの工作(v1.0,v1.1,v1.2) | トップページ | 余った軽量物の荷締めベルト活用 »

2022年2月21日 (月)

ICT-18 CI-V Interface Reassembly

 IC-7800/IC-7000をパソコン(PC)でDigital modeの運用時はCI-V(Communication Interface-V)をPC(USB Seriarl conv)に接続してWSJT-xなどのアプリでトランシバーのバンド、周波数をコントロールしています。PCへ接続されたCI-Vのデータはロギングや他機器アプリでのコントロールにも使われてます。

 複数台の機器のCI-Vをパラレル接続してPCアプリからコントロールする場合でも安定に動作する「ICT-18(ICT-Kuwa/JA4BUA製)」(小型プラスチックボックス)を入手していました。これをアルミダイキャストボックス(W:140mm,H:40mm,D:70mm)にして、頑丈で長持ちしそうな「ICT-18改造型」へReassemblyしました。

Dsc_0036
ICT-18 改造型(黄枠)

 改造に使ったアルミダイキャストボックスはCI-Vターミナルの4端子パラレルBOXとして製作したものを再利用、入手したICT-18ユニット(ICT-18 Ver1.2 (25mm×30mm))を別基板上にウレタン材で貼り合わせ固定し布線しました。
基板を写真の様に配置したのはネジ穴がそこにあったからで、他意はありませんHi
CI-V通信表示のLED取り付けは元穴3mmφに差し込み超強力接着剤で固定し、USBケーブルはブッシュを通しています。
Dsc_0038
ICT-18 Ver1.2ユニット(矢印)

 元型の「ICT-18」は下記の写真で小型軽量に仕上げられています。大きさがW:80mm,H:20mm,D:45mmのプラスチックボックスです。
Ict18
ICT-18

 最近のトランシバーはデジタルモード運用時にPCとUSBケーブル接続のみで運用できるスタイルになってきています。しかし、CI-Vを複数機器にパラレル接続する場合はICT-18は必要です。
頑丈で長持ちしそうなアルミダイキャストボックスへReassemblyした「ICT-18改造型」を活用し、DX QSOを存分に楽しみたい心持です。

« IC-7610 ザ(座)・Sメーターの工作(v1.0,v1.1,v1.2) | トップページ | 余った軽量物の荷締めベルト活用 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IC-7610 ザ(座)・Sメーターの工作(v1.0,v1.1,v1.2) | トップページ | 余った軽量物の荷締めベルト活用 »