フォト

HF Band Condition & Logsearch

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月の2件の記事

2019年4月22日 (月)

160m DXing 1.8/1.9MHz FT8デコードをPC 2台で個別表示

 160m BandはWSJT FT8 ModeでDXing(DXCC up)に多くの局がQRVしています。
日本では1.840MHzへQRVしてくるDX局をトランシバーのMAIN側で受信して、PCのWSJTアプリでMain側のMessage画面やWaterfall,Spectrum画面を表示させています。送信はSUB側に1.908MHzをセットするSPLITオペレーションになります。

 こちらは1.908MHzのモニターとしてトランシーバーのSUB AUDIO SCOPEを駆使して、空いているキャリア周波数を決めています。
コールする際はPC画面を一度1.840MHz→1.908MHzにCHANGして送信するキャリア周波数をセットし、さらに1.840MHzへCHANGしてから相手をコールしています。
1.908MHzへQRVする局が少ない時はAUDIO SCOPEでもおおよそのキャリア周波数は検討付きますが、コールする局で混んで来ると「この辺で」と目検討でセットしてコールしています。数回コールしても応答がなかった場合はしばらくスタンバイしてから、空きのキャリア周波数でコールします。
Sub-set
  SUB AUDIO SCOPE set(黄丸)、キャリア周波数Set(黄矢印)
 このように手間ひまかけてコールするキャリア周波数を決めていましたが、ADXAのOMより 「PC 2台でMAIN 1.840MHz、SUB 1.908MHzのFT8デコード画面を個別表示させてオペレートすれば便利だよ」 とご教示があり試してみました。

 160mシーズンオフとなりましたが、デスクトップPCはこれまで同様MAIN 1.840MHzにセットして、SUB 1.908MHzにはWSJTアプリをインストールしたノートPCを用意しました。
このノートPCにはAudio外部入出力としてヘッドセットマイクの4Pのジャックが付いているだけです。3Pジャックと4Pプラグ付きの変換BOXでノートPCのマイク端子へトランシバーのSUB受信出力(スピーカーPHONES)を接続してWSJT FT8をデコードさせてみました。
コールサインやリポートは順調にデコードしましたが、ハムノイズによる縦じまがWaterfall画面に薄く現れます。AudioトランスでトランシバーとノートPCのアースを切り離せば無くなるかとは思っています。

『セットアップについて』
 変換BOXの4PプラグをノートPCへ差し込むと、ポップ画面が現れますので「ヘッドセットマイク」をクリックして「OK」とします。
レベルはノートPCのサウンドデバイス「マイク」のスライドバーをクリックしながらコントロールします。
Note-pc-audio-jack-box  
    ノートPC Audio 4Pジャック(ヘッドセットマイク)と他機器の接続Box
 
 ノートPCへ4Pプラクを差し込むと軟弱さを感じ、ノイズのこともあって他の接続方法を探っていると棚にあったUSB AUDIO CODECへ目が向きました。ずいぶん前に入手していたBEHRINGER U-CONTROLL UCA222というUSB⇔input L/R,output L/R,Optical,Head phones VR付きで、電源はUSB供給です。ノートPCのUSBに差し込んでアナログINPUT L(黄丸)へSUB受信出力(スピーカーPHONES)を接続して試しました。
Usb-audio-codec_1
                                   U-CONTROLL UCA222
『セットアップについて』
 USB端子をノートPCへ差し込むとセットアップされてWin 10の「デバイスマネージャー」「ユニバーサルシリアルコントローラー」に「USB Composit Device」と表示され接続が確認出来ます。
WSJTアプリの「Settings」→「Audio」,「Input」→「USB Audio CODEC」とセットして「OK」するとFT8のデコートが開始します。
ノート PCからはトランシバーをコントロールしないので、WSJTのトランシバー選択は「Non」としています。
1908mhz-mesage_1      
                               ノートPCの1.908MHz Mesage
 USB AUDIO CODEC UCA222のUSB接続ではヘッドセットマイクのアナログ接続と違いWaterfall画面を見てもハムノイズ(縦じま)混入無し、波形もきれいスッキリで、すこぶる順調にFT8がデコードされています。このPCを2台使用して1.840/1.908MHzのデコード画面を個別表示させる最大の利点として、1.908MHzのCQに対してDX局より1.908MHzで応答があった場合に見逃さずに済みます。
 今後の160m FT8のQRVはノートPC+UCA222で1.908MHzをデコードさせ、キャリア周波数を決定したり、コールしている局をワッチするなど気配り(目配り)しながら楽しんで行きます。

2019年4月11日 (木)

トライアック半田鏝温度調節器の製作

 4月中旬で少しずつ暖かくなって来たので、今年こそは手間のかかる無線機器の故障修理に取り掛かろうと思っています。
ADXAのOMよりプレゼントされたパーツBOXの中に「トライアック 万能調光器」キットがあったので、組み上げ半田鏝専用の温度調節器としました。
(調整→Ajustment、調節→Controlとあったので、ここでは調節器とした)

キットの基板サイズ40mm×70mmがアルミケース(YM-80/TAKACHI)にピッタシ納まったので、テフロンシートで基板銅箔部分とアルミケースの絶縁を図り、バスコーキング剤で固定し完成としました。また、トライアック(TB12B6C)の放熱板として0.4mm厚の銅板 20mm×40mmを少なめの放熱量ですが取り付けました。
 半田鏝先の温度を測れる温度計は持っていないので、どの程度温度変化しているか分りませんが使い勝手は最適です。
Photo    
                半田鏝温度調節器(朱矢印)
Photo_3
              半田鏝調節器 内部
 トライアックの出力ノイズの軽減やモーター制御など誘導負荷からトライアックの保護にもなるノイズフィルター(スナバ回路)を指定のコンデンサーと抵抗でを組み込みました。コンデンサーの一つはコンセント取り付けのスペースの都合上、基板裏で半田付けしました。
・・・『回路の電流を突然遮断すると自己インダクタンスによって電圧が急上昇するが、スナバ回路がこのスパイク状の高電圧を抑制することで、スイッチ自身や周囲の電子部品の損傷を防ぎ電磁ノイズを最小化する。(Wikipediaより)』・・・
 使用目的が半田鏝の温度調節なのでフィルター(スナバ回路)は不要と思いましたが、半田鏝のヒーターもモーター同様コイル状なので組み込みました。
1_1    
            半田鏝温度調節器 回路図
 早速、コントロール具合をチェックしたところ、VR目盛りの3~7で「ジーン」という振動音が聞えてきたのです。トライアックの振動かと、ケースを開けて振動している箇所を調べました。回路図中のCF2 0.1μF付近から聞えてくるのですが、コンデンサーが振動するものかと不思議に思い、Webサイトで検索したら「鳴くのは意図した動作」との事。
取説のフィルター部CF2の項目には0.1μF-3μFと記入されています。しかし、「ジーン」という振動音を嫌い、0.1μFをカットアンドトライで0.01μFへ交換、ほぼ振動音がなくなりました。

 普段使い慣れている48W、32W鏝の温度調節は順調に動作しています。半田付け以外のことで検討したりする時には、VRを絞り温度を下げて鏝の焼け具合を抑えています。

「トライアック 万能調光器」は秋月電子通商より格安で販売されてます。
http://akizukidenshi.com/catalog/c/cdengen2/

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »