フォト

HF Band Condition & Logsearch

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月の1件の記事

2019年3月 6日 (水)

160mシャントアンテナ 雷の地絡

 この冬の160mバンドをDigital mode FT8で楽しんでいます。日課のアンテナ目視点検で気が付いたのですが、シャントワイヤーの最下部をアンカーへロープで引っ張って固定している塩ビパイプ(300mm長)のインシュレータが黒焦げになっているのを発見しました。
雷様の仕業と考えられますが、3月3日の夕方に「ズシン」という音がして家屋が少し揺れたとの事、当日は外出していたの後日XYLから聞かされました。
Dscn0928_4
               落雷被害(矢印)のインシュレータ  

 塩ビパイプインシュレータの黒焦げに気が付いたのが3月6日で、発生から2日間は普段通りに160mを運用していました。インシュレータの黒焦げ部分は炭化して破断直前の状態でした。

 シャントワイヤのインシュレータとして塩ビパイプは壊れやすく絶縁不良を引き起こす可能性があり、交換に際しては碍子を使用してインシュレータを修復しました。シャントワイヤー側には波型碍子、アンカー側には卵型碍子と二重の絶縁対策をしました。アンカーへの固定用ロープはクレモナロープを使用しています。
Dscn0930_2
            波型(上)、卵型(下)碍子によるインシュレータ

 今回の雷様による被害は塩ビパイプのインシュレータだけで済みましたが、10年前にはIC-7800、IC-339D、固定電話機、ガスレンジ、茶の間TV、BSパラボラアンテナなどの大被害にあってますので2度目になりました。
最近では仲間のOMの高級アンテナも黒焦げ状態と雷被害にあっています。

 避雷としては従来の避雷針から接地による対策や落雷を抑制する新型の避雷針(PDCE)もありますが、アマチュア無線を楽しむためには避けられない被害の要因のひとつです。
気を付けてと言われても・・・荒天の場合には機器側避雷対策としてアンテナ同軸を切り離し、ローテータなどのコントロールケーブルを引き抜き、商用電源は双切りとする。雷様の通過を待って再開するのが一番の対策と思ってます。
『参考』
http://www.tohoku-epco.co.jp/weather/ Webサイトを参考に雷の動向を監視したりしています。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »