フォト

Solar & Band Conditions

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« USBケーブル一本のDigital Mode Interface Part1 | トップページ | DXCC 160m 受賞 »

2018年3月 8日 (木)

USBケーブル一本のDigital Mode Interface Part2

 USBケーブル一本(USB Aオス-B-オス)のDigital Mode Interface Part2ではMMTTYDigtalsound CW)のセッテング及びIC-7610トランシーバー側のUSB仕様のセッテングついて記します。
(USBケーブル一本のDigital Mode Interface Part1ではUSBドライバーのダウンロードやインストール方法、JTDX(WSJT-x)へのセッテングについて記してます)

MMTTYのUSB接続のセッテングについて
Mmtty
MMTTY 「オプション」→設定画面をクリックします。

Mmtty_radio_command
「送信」の「Radio Command」をクリックし、Port DifinitionのPortはCOM7、Baudは19200 Commandsのxxは7Aとし「OK」をクリックします。
ここで、COM7はCI-VのSerial Port、Baudは9600→19200、7AはCI-Vアドレスで他のDigital ModeアプリのJTDX(WSJT-x)にIC-7610が未登録となっているので、USBドライバー同族のIC-7600のCI-Vアドレス「7Ah」へとIC-7610側で「98h」から「7Ah」に変更しています。
追記
WSJT-xのRigにIC-7610が追加されたので、Radio Commands Init IC-7610 xx=98としてOKをクリックします。
Mmtty_soundcard
設定画面の「Sound Card」のマイク、スピーカーをRealtec High Definition AudioからUSB Audio CODECへ設定変更し「OK」をクリックします。

Mmtty_extfsk
FSKはPort EXTFSKをセッテングしていますので、Win10画面のエクスプローラーのRTTYマークへマウスポインターを移動させ、EXTFSK 1.05をクリックすると下記の設定画面が小さく表示されます。
Mmtty_extfsk_status_2
PortはCOM6、FSK outputはDTR、PTT outputはRTSをクリックしてこのStatus:OKであれば画面を閉じます。

トランシーバーIC-7610のUSB仕様のRTTYセッテングについて
Usb_key_rtty

以上、PCアプリのMMTTYとIC-7610側をセッテングしてRTTYのQSOを楽しんでいます。
しかし、最近はFT8人気が高く、RTTYのQSOはコンテスト以外では極少数です。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Digitalsound CW(DSCW)のUSB接続のセッテングについて
Dscw
このソフトはRTTYで交信している様な感覚でCW QSOが出来、CWの手打ちが下手なので大変重宝しています。

今回PCとトランシーバーを一本のUSBで接続しDigital Mode InterfaceとするためにDSCWを下図のようにセッテングしていきます。
Dsc_com
COMナンバーのセッテングについはPCのデバイスマネージャーを開き、下記のポート(COMとLTP)からナンバー確認する。こちらのCOM設定はCOM6としました。Com_port
Dscw_kcont_2
Key ControlはDTRとしました。
(トランシバーのUSB SEND/キーニング USBキーニング(CW)にてUSB1(B)DTRとセットしています)

Dscw_mic_set
PCのマイクをSound DeviceでRealtek High Audio Definition Audio→USB Audio CODECとします。

Dscw_sp_3
                          
Dscw_sp_set
PCのスピーカーをRealtek High Definition AudiotoからUSB Audio CODECとします。
Digitalsound CWのセッテングは以上でファイルの「上書き保存」を実行します。
なほ、Digitalsound CWの使いかたについてはDSCWホームページを参考にして下さい。

IC-7610トランシーバー側は下図の手順でセッテングする。
Usb_key_cw_2

 IC-7610トランシーバーとPCの間をUSBケーブル一本の接続で、Digitalsound CWからのコントロールによるCW QSOが楽しめています。
♪  - -・  ・-・・    ・・-・  -・・・    - -・-  ・・・  - - -  (^^♪

« USBケーブル一本のDigital Mode Interface Part1 | トップページ | DXCC 160m 受賞 »

コメント

デジタルのCWリーダーを活用したいです。
早速トライしてみます。

DXペデションコールの高速キーニングとしてDigitalSoundCW(欧文/和文OK)は欠かせないツールとなりました。パパさんもDSCW楽しんで見て下さい。
ただし、CWデコードは今一つで参考程度に眺めてはいますが、もっぱら耳頼りとなってます。DSCW、MMTTY、WSJT-xのアプリについては使用するアプリ以外は立ち上げないようにして運用しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« USBケーブル一本のDigital Mode Interface Part1 | トップページ | DXCC 160m 受賞 »