フォト

Solar & Band Conditions

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« CAT REMORTE(CI-V)用 Parallel terminalの製作 | トップページ | V6(FSM Phonpei Is.)のはばぎぬぎ・忘年会 »

2017年10月23日 (月)

160m Digital Mode(JT65,FT8)QRV Boxの製作

 短波帯におけるコンデションがパッとしない日々が続いています。ところが、最近WSJTのJT65,FT8などのDigital mode(F1D)普及により短波帯でもPoor コンデション何のそのでDXingが楽しめています。
特に6mではJT65によりワールドワイドにQSOが可能となり、この夏は6m DXCCのEntity upで喜んでます。そろそろ160mのシーズンへ突入しますが、2匹目のドジョウを狙ってFT8などでEntity upを目論んで「160m Digital Mode QRV Box」を製作しました。

Jt65_ft8box_3
         160m Digital Mode QRV Box(Matching & Swiching)

 160mでDigital mode(JT65,FT8)などを運用するには、日本の許可している送信周波数が1.9MHz帯で、
世界を相手にDXingを楽しむには一工夫要ります。ほとんどの国々は1840kHzへQRVしていますので、これを受信してBand Activty画面に相手のコールサインを表示させます。
しかし、日本からは1908kHz(FT8)で送信するという、トランシーバー側でSplit Settingをしなければなりません。

 本来は送信(1908kHz)/受信(1840kHz)の2本のアンテナでの運用がベストと思います。しかし、狭い土地で160m帯のアンテナを2本設置すれば互いに影響しNGです。
そこで現用のシャントフィードアンテナをリモートチューニングで1840kHzへ同調させ(SWR 1.5)、さらに1908kHzへ同調させるためにコイルとオートトランスでマッチング(SWR 1.2)させ、これをトランシーバーのPTT(接点渡し)にて受信、送信の系統を2個のリレーで切替える「Matching & Swiching」Boxをウオルボックス(WB-1AOJ)にアッセンブルし、シャック内に取り付けました。
160m_qrv_box_3
                               160m Digital Mode QRV Box 回路図面

 手順として1840kHzへ同調させたアンテナをシャック内でアナライザー(AA-30)の測定周波数を1908kHzにセットしてZ=R±jXを測定します。

(Z)24.8Ω=(R)4.2Ω-j(X)24.4Ω 表示

-j(X)24.4ΩをキャンセルしてR分とするため約2μHのコイルが必要となります。コイルでキャンセルするとR分は少し増え4.9Ω位となりました。

そこで、4.9Ωから50Ωへインピーダンス変換するために、T-200 #2(赤)のコアーへテフロン被覆の撚り線を25回巻き(t)、4.9Ωタップを探りました。
(25tを50Ωで終端、アナライザーのホット側へ針を付け25tのエンドとの間で(R)4.9Ωを探針)
結果、25tのエンドから9tでした。この9tのタップへコイルの出を接続しますと4.9Ω: 50Ωのオートトランスに仕上ります。

こうして、調整されたコイルやオートトランスをセットします。M座コネクターへ1840kHzに同調させたアンテナを接続し、アナライザー(AA-30)にてN座コネクター(50Ω)側でSWRが最良となるようにコイルを微調します。完成すればトランシーバーのPTT(接点渡し)でリレーをON/OFFして受信時は1840kHz側、送信時は1908kHz側へと切り替わります。

測定結果(Antenna Analyzer AA-30)
1840kHz 受信側
(Z)45.9Ω=(R)42.2Ω-j(X)18.2Ω SWR 1.5
1908kHz 送信側(調整後 コイルインダクタンス  0.73μH) 
(Z)57.6Ω=(R)56.9Ω-j(X)9.2Ω   SWR 1.24

 
今回製作の「160m Digital Mode QRV Box(Matching & Swiching)」はアンテナ給電部へ設置すれば効率のよいシステムとなります。とりあえず今シーズンの160mはこれでJT65,FT8 のDXingへ挑戦してみます。
世界のDXerが1908kHzをワッチしてくれることを期待して「CQ DX JA7GYP」を出し続けたいと思っています。

追記
  1908kHz送信時のRed LEDパイロットランプをウオルボックス上部へ取り付けました。PTTをONにするとDC12Vが
リレーへ供給され、1908kHz側へ切替っていることをRed LEDの点灯でチェックしています。
気になっていたオートトランスを固定するネジを金属から6mmのアクリルネジへ交換しました。
Dscn0408
    Red LED パイロットランプ、アクリルネジで固定のオートトランス

« CAT REMORTE(CI-V)用 Parallel terminalの製作 | トップページ | V6(FSM Phonpei Is.)のはばぎぬぎ・忘年会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CAT REMORTE(CI-V)用 Parallel terminalの製作 | トップページ | V6(FSM Phonpei Is.)のはばぎぬぎ・忘年会 »