フォト

Solar & Band Conditions

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年7月の2件の記事

2015年7月18日 (土)

ファンタム電源駆動のX'talマイク内臓用ヘッドアンプ製作

 ADXAのメンバーであったOMより頂いてあった中古のBruce Harp X'tal microphone(ハーモニカマイク)を磨き上げ、どんな音が出て来るのか楽しみにFETのヘッドアンプを製作しました。
とりあえずミキサーに差し込んでマイクチェックしたところ、音が出てマイクエレメントはOKで、X'tal Mic独特の中高域が強調されたキンキンの音質でした。
型名はマイクコネクターに巻かれてあるシールの擦れた文字を「HM-50VC CAD made in USA」と読み解きました。経年劣化で錆びていた前面のマイクカバーを丁寧に外し、中のマイクエレメントを確認すると「ASTATIC MC151」、Webサイトではマイク本体と共に生産中止とありました。

Hm50vc_4                 HM-50VC  CAD  made in USA
 
 錆びていた前面の金属製マイクカバーを研磨剤ピカールで力を入れて磨いた結果、写真のようにきれいに復元してくれました。これで気を良くしてマイクの筐体やコネクターのピンもピカールで磨き、中性洗剤で洗い乾燥させてから再組み立てしました。

 マイクのヘッドアンプはファンタム電源(48V)駆動として、音声出力はバランスタイプで考えました。X'tal micはエレメントからの出力が大きく、ハイインピーダンスであるために、これを受けるために製作実績のあるFET(2SK30A)でインピーダンス変換しています。
48Vはチェナーダイオードで12Vに落としFETのドレンに供給し、FETヘッドアンプ出力をバランスタイプとするためにトランスST-72(600Ω:1kΩ)を使いました。
Fet_micamp_xtal_mc151_2
     
               FET Mic Amp回路図 MC151/ASTATIC


Mc151_fet_amp_st72              X'tal Micエレメントに取り付けたヘッドアンプ

 今回は小さな基板を再利用してFETヘッドアンプ組み立て、マイクエレメントの端子へ基板ごと半田付け、トランスST-72(600Ω:1kΩ)は基板アースに直付けして固定しました。この状態でHM-50VCの筐体の中にスッポリと収まりました。
このSansui  ST-72は優れもので、クリスタルマイク独特のキンキン音をトランス特性で減衰させ、聞きやすい音質にしてくれます。

Xtal_mic                 セッテングした「HM-50VC」(黄丸)、左「M-120」(AIWA)
                            
 完成してから音質チェックしましたが、中高域が軽やか低音も十分な音質で、ヘッドホンから聞こえる自分の声が渋く(Bruce)感じました。
Bruce Harp X'tal microphone「HM-50VC」の名称通り、普及品にはボリュームコントローが付いているのですが、頂き物にはありません提供してくれたOMが取り除いたと思われます。

 (参) Bruce Harpとは両手にスッポリ入る小さなハーモニカ?でテン・ホールズ(10Holes)とも呼ばれ、1つの穴で2つの音(吹く/吸う)で合計20の音を鳴らせる楽器です。
しかし、重音奏法やオクターブ奏法、タングブロッキング奏法、そしてハンドビブラートなどの演奏方法で多くの音色が表現できるそうです。

追記 2-1
 しばらく気分よく使い込んでいましたが、「ガサガサ・プッツン」ノイズが発生し始めたので対策してみました。
1. ガサガサノイズについてはFET 2SK30Aのゲート抵抗4.7MΩをモールドタイプから炭素膜抵3.3MΩ(手持ち)へ交換しノイズが無くなりました。
2. プッツンノイズについてチェナーダイオードに0.1μFをパラって無くなりました。
3. キャノンコネクター端子2,3番から
ファンタム電源を取り出している4.7kΩを6.8kΩ(文献参考)へ交換し、シリーズ抵抗1.2kΩをスルーにしました。(回路図修正済み)
                      
追記 2-2
 実装基板でFETアンプのソース電圧を新規購入したSanwa PM33 テスターで測定した結果、1Vしかありませんでした。そこでソース電圧がドレン電圧12Vの半分の6V付近になるようにゲートとソース間に2.5MΩを挿入し、ソース抵抗3.3KΩで5.7Vに設定しました。
モニターしてみるとガナリでも歪がなくなりました。(回路図修正済み)

2015年7月 7日 (火)

"ON the AIR" 赤色表示灯の製作

 オールドタイマーの無線室には赤色の電燈が象徴的に輝いていた記憶があり、自分の無線室にもいつか取り付けようと思っていました。時が流れ無線室の「ON the AIR」の表示灯も蛍光灯スタイルの角長、そしてLEDへと移っています。

On_air_5 最近、自作のマイク台座のPTTスイッチが経年劣化による接触不良で気づかぬ間に送信状態になり、あわてて叩き直したりします。
そこで送信状態を表示する念願の「ON the AIR」表示灯を製作してみようと思い立って、今流のLEDで無線室の入り口に取り付けるように画策しました。結果、目の前で送信状態を確認でき、ついでにコンピューター制御によるCW、RTTYモードも表示出来るようにジャンク品を利用して中型LED表示灯を製作しました。
Transceiver_mode_indicator_3
                 赤色LEDによるモードの表示灯
 この「ON the AIR」のLED表示灯はHL形LED表示灯(Sunmulon)で、表示面が20×40mm、奥行20mm、定格はDC12Vで全面赤単色の26mAタイプです。
これを4個取り付けたケースは幅230mm、高さ32mm、奥行150mmでセットされた物に、下記の回路図にあるようにDsub9ピン、DC入力、PTT入力のそれぞれコネクターを取り付けました。
PCからシリパラ変換(USB - Dsub)された信号を本機のDsub9ピンでパラ接続して、ホトカプラーTLP521-4を駆動すると共にデジタルIF Boxへ渡しています。
PTTについてはデジタルIF Box(ACC1 PTT端子)とパラ接続で動作させています。
Transceiver_mode_indicator_f_2
Transceiver_mode_indicator_0
                   外観 正面(左)、裏面(右)

Transceiver_mode_indicator_2
                     部品配置と配線の様子
 
 ケース加工は見た目きれいに仕上がっていますが、鉄製のために穴あけは苦労しました。基板はもう少し大きめのものに乗せて組めば良かったのですが、手持ちの基板を利用したためにリレー周辺は空中配線しました。後日、組直しの予定でいますHi。
 
 PTT表示についてはトランシバーのPTT端子から取り出し制御していますが、こちらのトランシバーのPTT端子にはPTT GNDとの間に7V位の電圧があり、PTT ONでPTT GNDに落とされます。
この電圧を使ってPTT ONでLEDを表示させるためにトランジスターやホトカプラーでロジックを試しましたがNG、力量不足と短絡思考でリレーを使いました。


 目の前の「ON the AIR」ランプがモード別に赤く点灯すると・・・気分最高!!、DXの相手の信号よりも「チカチカ」が気になる今日この頃ですHi。

追記
 斜めに取り付けた基板やリレー周辺の空中配線が気に掛かりコントロール基板を組み直しました。当初は生基板に手書き、エッチングで考えましたが、別件でパーツを仕入れに出掛けたついでにピッタシのSunhayato基板を見つけ組み直しました。
On_the_air_int
                    組み直したコントロール基板
 基板が随分端っこになりましたが、ケースへ基板固定用の余計なネジ穴あけ勿体ないと思い、このような場所になった次第です。この空きスペースにAC100V/DC12VのSW Regを内蔵させ、DC12V入力ジャックはDC12VEXT出力へ変更するなど再アッセンブルして「ON the AIR」表示灯を完成させました。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年10月 »