フォト

Solar & Band Conditions

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« HEATHKIT HM-2103 RF 電力計のリメイク | トップページ | 真空管マイクアンプの製作(6AV6→5654 (Ep=19V)) »

2015年5月13日 (水)

200V系・デジタル交流電圧電流計の取り付け

 短波帯で海外との交信のために200Vをシャックに配電し、RF1kW出力のリニアアンプへ給電しています。この200V系を計測するためにアナログの交流電圧電流計、カーレントトランスを準備して計測盤を製作しようと準備していました。happy01
Analog_metter
            交流電圧計300V、カーレントトランス180AT/5A、交流電流計30A

 しかし時が移り、おもちゃドクター「多機能電池ボックス」の製作者が紹介してくれた交流デジタル電圧計&電流計Webサイトで見つけて、これはドンピシャと思いネット購入しました。
Ac_2

 交流デジタル電圧計&電流計は表示は7セグメントLED、そして裏面には基板へ組み込まれた検出部があります。電圧計測は赤黒の2本の細いビニール線を200Vラインへ、電流計測は基板に付いているカーレントトランスの穴へ200Vのラインの片側を通すだけで完成です。
取り付けには四角の穴あけが必要で、白枠内の形に整えてから本体を押し込みパッチン固定です・・・パネルが鉄板で刳り抜きに一苦労しました。
本体の大きさは高さ42mm、幅70mm、奥行40mmです。
200v_input_power_2
              シャックの200V(受電トランス付)系の計測

 交流デジタル電圧計&電流計のセッテングについては100V/200Vの2系統を目の前に置いて計測するのが理想でした。しかし、基板のカーレントトランスを取り外し母線側へセットし、目前の基板まで引き回した場合のRFのカブリなどを考慮して、今回は直付けで取り付けてみました。
写真の電圧、電流の表示はリニアアンプがスタンバイ状態です。RF1kW出力では198V/10.6Aと表示、電力換算すれば約2.1kWの消費電力になります。coldsweats02

« HEATHKIT HM-2103 RF 電力計のリメイク | トップページ | 真空管マイクアンプの製作(6AV6→5654 (Ep=19V)) »

コメント

 次第に元の職場みたいな雰囲気のシャックになりつつありますね。 やっぱり、染み付いた感覚は抜けないものなのか、DNAが埋め込まれてしまったか、それとも洗脳???。

やはり電源管理は監視と計測ですが、今さらデーターは取りませんHi・・・エフさんの伝統工芸DNAが入り込んでいるんですよ。

メーターを紹介した「後輩」です。仕事が早いですね。私は工作部屋の電源管理に使おうと思ってますが未だ着手していません。
「多機能電池ボックス」は本日のおもちゃ病院でもプラレールの修理で活躍してました。

matankiさん、いこいの村集合は懐かしさでいっぱいでした。子供の願い叶える「おもちゃドクター」がんばってね。
メーターは予備も入手してますので、カーレントトランスのテストは後日にします。5月は野菜植えの時期で庭の畑作(猫額)に奮闘中です。

GYPさんいつもお世話になりありがとうございます。
前回はLEDの照明をGYPさんの真似して購入して使っています。たいへん役立っています。PWR計の照明に使っています。
今回はこの電圧、電流計を購入しました。いいですね。収納するアルミケースを今注文しました。
また何か参考になるグッツを教えてください。
FB DX

Denさん、ご無沙汰しています。
角型デジタルメーターの取り付け用の穴あけが大変でしたので、鉄板の場合は業者へ依頼したほうが無難かと思います。
アルミやブラケースでは少しは楽・・・いずれ穴あけは頑張って下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HEATHKIT HM-2103 RF 電力計のリメイク | トップページ | 真空管マイクアンプの製作(6AV6→5654 (Ep=19V)) »