フォト

Solar & Band Conditions

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年3月の1件の記事

2015年3月23日 (月)

475kHz送受信機/可搬・軽量タイプへ更新

* 475kHz帯の送受信機をJRC製で統一し、プロ風味を活かすためにスタジオラックCLASSIC PRO CRK-18にアッセンブルしました。東北総通による変更検査も、この重いセットを半径200m以内に民家のない冬山に持ち込んでの実施でした。
472khz_trx
 このシステムはスタジオラック自体が丈夫で相当な重量あり、試験電波発射や変更検査のために、その都度、応援隊にお願いして運搬・セッテングをくり返していました。

 そこで、送受信機を個別にして一人で運搬出来るようにABS樹脂のラックケースに移設し、システム構築してみました。

N_trx_systm
            CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CPAシリーズ
 写真左側がCLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CPA06で6Uのケース、右側がCLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CPA04で4Uのケースです。軽量で耐久性あるABS樹脂仕様ラックケースは凹凸のあるデザインでスタッキングが可能で、前後にラックレールが付いてEIA規格のラックタイプが取り付けられます。

N_trx_front

        上 475kHz帯送信機NSC-17(改修)  下 NRD-535D受信機

 写真上側の送信機がJIS規格のネジ位置で新たにパネルへ6mmの穴を開けてラックへ取り付け、写真下側の受信機とスピーカーはMIDDLE ATLANTIC ( ミドルアトランティック ) / U2 という2Uのトレイに固定してABS樹脂のラックケースに納めました。
 また、送信機後部のPA用トランジスターを保護するために裏面ラックへ4UのメッシュタイプのセキュリティーカバーMIDDLE ATLANTIC ( ミドルアトランティック ) / VT4を取り付け、そこに排熱用の小型ファンも取り付ける予定です。
N_trx_back
          上部メッシュの給電部分は切り抜き加工してあります

 このABS樹脂ラックケースに納めた送受信システムで、475kHzの移動運用を大いに楽しもうと思っています。とりあえず一人で持ち運べる程度の個体重量となりましたが、やはり移動運用は大勢の仲間との「ワイ・ワイ」が最高なのです。
N_trx_w

では、QSO楽しみにしています・・・475kHz帯へどうぞ !!

追記
 PA部の冷却効率の助言を受けて、メッシュパネルの上をブランクパネル2Uとして排熱用のDC12V
FANを取り付けてみました。ブランクパネル右下のジャックがDC12V入力です。
Ntx_fan

結果、全面メッシュパネルより温かい排風が出て来ましたspa

 手持ちブランクパネル2Uで加工したので、PA部を覆い被せることが出来ず中途半端な排熱状態と思われます。しかし、長い間フルパワー50Wで送信してもケース上部の温度上昇は少なく、取り付けたFANによる排熱効果はありました・・・TNX エフさん !!

 厚さ≒3mmのブランクパネルに直径60mmの穴あけは「至難の業」でした Hi

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »