フォト

Solar & Band Conditions

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« リボンマイク (MXL-R144) セッテング | トップページ | S/P DIFの光出力でHiFi SSB変調 »

2012年5月23日 (水)

160mBand用 シャントフィード ・リモコンチューナーシステムの製作

・160mは2011年後半からシャントフィードで運用開始し、30エンテティー稼ぎました。タワーの垂直アンテナは送受兼用で住宅街のど真ん中にありながら受信ノイズが小さく、送信は聞こえれば飛んでいきます。(但し、7O6Tまでは届きませんでしたwobbly)
このシャントフィードの帯域内SWRは低いところで1.2以下ですが、降雨、降雪などで離調しSWRが2超えになると送信出力がdownダウンします。そこで雨や雪が降っている最中にSWRの補正にバキュームコンデンサーを手回しでマッチングを取り直すために、ボックスの取り付けてあるタワーの根元まで外出することになります。このチューニング行動は夜に懐中電灯で照らし、早朝は寒く、風邪引き/高血圧と健康を害する原因となるので荒天の日は運用をあきらめていました。

flair160mBandアンテナの リモコンチューナーシステムは健康被害の防止のためにSWR補正用バキュームコンデンサーをシャックからリモートコントロールで回し、シャントフィードをベストマッチとすべく、ラジコン(RC)用の180度プロポーショナルサーボモーターを使用して製作しました。shine
Imgp2172_edited_4
         リモートコントローラー部(左)     RCサーボモーター部(右)

・RCサーボモーターのコントローラーは「PICアクチュエーター・キット」を入手し組み立てました。電源はコントロール用にDC12V(9.5V)とサーボモーター用にDC5Vをそれぞれ単独で使っています。コントロール基板からもサーボモーター用のDC5Vも出力されていますがモーター回転動作時のノイズが影響するとのことで2ヶのDC電源を使用しました。
Servo_cont

・今回使用のRCサーボモーターは最小角度から最大角度が180度とパルス幅(PWM,プロポーショナル)で回転角が制御されます。ポテンシャルメーター(多回転VR)の回転位置の抵抗値で幅が変わるパルスと制御パルスの幅を比較させて一致する点までモーターを回転させる仕組みです。
M01794

・上記RCサーボモーターの回転円盤にバリコン用のツマミをネジ止めし、Dsub9ピンコネクターとアクリル板に固定しました。
リモコンチューナーはシャントフィード給電Box内のバキュームコンデンサーを可変するため、軸に取り付けたRCサーボモーター部からシールドケーブル(20m)でシャックのコントローラー部に接続しています。帯域内(1810kHz-1825kHz)のベストマッチングは180度回転で十分過ぎるほどで、なんたって天候に左右されずにシャック内からリモコンでSWRを最良点に追い込む事の出来る優れものです。

Imgp2174_edited_6
                RCサーボモーターはアクリル板に取り付け

Imgp2175_edited
                   バキュームコンデンサーに接続

・これでrain傘に懐中電灯、snowマントを羽織って吹雪の中でのマニュアルチューニングから開放されます.....160mBand用シャントフィード リモコンチューナーって健康器具hospitalかなぁ!!

<<重要....recycle >>
happy01これにはアクションコントロール(ACC)があってサーボモーターの回転角を2箇所に設定する事が出来、すこぶる便利です。例えば1824kHzで右のポテンシャルでチューニングをとり運用していて、クイックで1815kHzにQSYしたい様な場合です。事前にACCをONとして1815kHzで左のポテンシャルメーターでSWR最良点にセットして置き、ACCをOFFとして1824kHzで運用し、QSO終了後に中央のACCスイッチをONとすれば1815kHzのSWR最良点にクイックセットされます。

今年の冬はこれで100エンテティー "ぐぁんばるぞー"good

« リボンマイク (MXL-R144) セッテング | トップページ | S/P DIFの光出力でHiFi SSB変調 »

コメント

DX肴。。。ご苦労さんでした。NIさんの2200mの講演も面白かったですね。写真10枚で電な講演をするのか心配でしたが文字部分は不要という事で写真10枚になってしまいましたが、NTT時代教官も経験済みですので簡単に面白くおかしくやられましたね。

 バキュムコンコウントロール回路面白いですね、DCモータ1ヶでステッピングモータをコントロールする回路も簡単です。マグネットANTのコントロールはDCモータをパルス動作でコントロールしました。ノイズが最高になるところが調整点になるので、インジケータは不要でした。これはR/C様サーボですのでもっとこまいことも出来るので便利ですね。

AGLさんへ、お疲れ様でした。
180度回転角サーボーモーターのために調整範囲は広くはありません。
受信も含めても50kHz位のチューニングですので安価なチューナーということになりますhi。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138700/54781508

この記事へのトラックバック一覧です: 160mBand用 シャントフィード ・リモコンチューナーシステムの製作:

« リボンマイク (MXL-R144) セッテング | トップページ | S/P DIFの光出力でHiFi SSB変調 »