フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« FT-200 懐かしの無線機 | トップページ | RTTY,PSK,CW Interface Boxの製作 »

2009年5月 9日 (土)

EMOTATOR 1300MSA簡易コントローラの製作

  1300msa_1 5月の大型連休中にエモトローテータ(1300MSA)のコントローラの方向指示計左回転で暴走する故障が発生しました。回転指示ボタンのRightを押しても、Leftを押しても方向指示計は360°から左回転で180°方向へ自走します。困ったことに連休中で修理にも出せず、このままではアンテナを回せずDXも楽しめません。(コントローラの回路図面は公開されてません)
しかし、このままではハムの名が廃ると一念発起、「コントローラ自作」をと思い立ち資料とパーツを集めに奔走、故障から2日目に晩飯も忘れ、簡易コントローラを完成させました。

Photo  ケースは50Ωダミーの1mm鉄板箱をリサイクルしました。前面の回転用スイッチ(ピンク)取り付けで、元の測定電力の切り替えスイッチの穴址を横長にヤスリがけ、8Pコネクターは角切抜きと鉄板加工に手こずりました。裏面のヒューズホルダーは元のMコネの丸穴を利用し取り付けました。ケース裏面は溶接されていて、配線やパーツ取り付けは前方向からのみで作業のやりにくい箱でした。


1800msa01_7 前面には
回転指示メータ(FS:200μA,シリーズ抵抗27kΩ,指示調整用VR5kΩ)、電源PL(赤LED)、回転切り替えSWと表示PL(緑LED)、後面にはリモートケーブル用の8Pコネクタやフューズホルダーを配置して製作しました。

  回路図

  アンテナの回転指示はメータのセンター150mAが北、0mA方向が西から南、300mA方向が東から南になるように仕上げました。上側300mAスケールを換算し、ひと目盛り12°として角度を読み取りますが、換算表を作成してアンテナを回しています。

Photo_2Photo_3 写真のようにパーツを取り付けました。このローテータ用簡易コントローラはAC100V駆動のローテータであればメーカーが違っても結線の変更やわずかなパーツ追加で各局がローテータのコントローラ故障の際は使えます。1300MSAコントローラが修理完了しても、予備機としておきます。
    ・・・・・・・・・・備えあれば憂いなし・・・・・・・・・

【追記】
 アンテナ回転指示の電流目盛から方角(CCW 180°~0°、CW 0°~180°)と大陸(AS,AF,EU,NA,SA,OC)名称を書き入れた自作のパネル板としました。
1300msa_20200713162601
 メーターパネルの作り方はメーターを分解し、パネルを取り外すので指示針を壊さないように注意して下さい。
外したメーターパネルをスキャナーにセットして、Win10アプリの「ペイント(白黒画像またはテキスト)」で取り込みます、そしてツールの消しゴムモードで不要な文字やごみ等を消去します。選択モードで少し余白を残してメーターパネル画像を切り取ります。

 新たなメーターパネルの作成にはWordを使い、ペイントで切り取った画像をWordに貼り付けます。文字はクイックアクセスツールバーの「挿入→シンプルテキストボックス」で枠の中で字体、サイズを設定、「塗りつぶしなし、線なし」に設定します。
文字回転は文字枠センターの上丸を左クリックしながら左右に振り設定します。
仕上げたメーターパネルの印刷は「縮小」モードで縮小率は手探りしました・・・今回は65%で印刷でピッタシサイズでした。メーターパネル裏面に貼り付け、不要部分をカットして完成です。 ☆これで換算表は不要となり、アンテナを向けたい方角にメーター針をセットすればOKなのです☆

« FT-200 懐かしの無線機 | トップページ | RTTY,PSK,CW Interface Boxの製作 »

コメント

はじめまして、
上記エモト1300MSAの暴走ですが、私の1105MSAも同様な故障で、ソリッドステートリレーを1個交換し正常動作しました。1300も1105も100V仕様でリレーの耐圧だけが違うようで、1300は1回り大きいサイズのリレーが使われていました。自作のコントローラで正常であれば試してみてはいかがでしょうか。又モーター内部のストップレバーのグリスが硬くなり膠着しやすいこともあります。リレーはオムロンの2Aに交換しました。ご参考に。

Kurataiさん、参考となるコメントありがとうございました。
当局は10数年使用したモーター部をエモトへ修理に出しました。幸い仲間が同型の物を持っていましたので譲り受け、代替で取り付け運用しています。(修理完了品はADXAの予備として保管してあります)

I have an Emotator 1300 with a DC motor. The control is not working.
I need a schematic for the MXDC-8403N board.

Mr. Mike
Can not control for DC-controlled motors. My system can only AC100V.
Mike, your system will be a good idea you can control.
We hope that you invented a great controller. FB Hand-crafted!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EMOTATOR 1300MSA簡易コントローラの製作:

« FT-200 懐かしの無線機 | トップページ | RTTY,PSK,CW Interface Boxの製作 »