フォト

Solar & Band Conditions

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の1件の記事

2008年3月18日 (火)

同軸(5D2W)アンテナバラン

 同軸(5D2W)アンテナバランの製作記 carouselpony

 RTTYモード等でハイパワー運用を長時間すれば、従来の棒コアや丸コアによるアンテナバランは発熱sunで特性が劣化し、巻き線の絶縁破壊が原因で故障させたりします。長時間連続で1kWに持ち応えられるバランを棒コアや丸コアでと思い、各種のアンテナバランを製作しています。coldsweats02
 
 
耐電力、耐熱テストを行い、巻き線同士が熱により接触しない、コアの発熱が少なく、そして特性の良い理想のバランを追い求めて試作と調整を繰り返しました。
その結果、ナフロンチューブで絶縁した2mm銅線や70mmの丸コア2個を使用したバランでもRTTYモードでCQを10回程度、1kW連続送信(ダミー接続)するとコアは手が触れられないほど発熱sunします。特性もメーカー製の様に328MHzの帯域でSWR1.5以内、インピーダンスが50Ω近辺の良好な広帯域アンテナバランの製作は夢叶いませんでした。weep

そこで、10年以上も使用している同軸(5D2V)を巻き込んで製作した同軸バランを参考により特性が良く、耐電力が大きく、発熱の少ない同軸バランを作ろうと思い起ち、手持ちの同軸5D2W(平河製)で頑丈な、そして特性の良好な同軸バランを製作してみました。

Imgp0938_5最初に参考書どおりの寸法で同軸(5D2W)を加工し、指定の回数巻き込み、これを束ねてビニテで仮止めし、測定しましたが特性が悪く「がっかり」、5D2Wではだめか「どうして??」と測定器eyeをながめていました。なぜ、と思いつつ束ねた同軸(5D2W)を手でぎゅっと締め付けるとSWR:計の針が下がるでありませんか、インピーダン
スはどうだろう
? やはり50Ω方向に針が動いていく。gawk

  これだ!!lovely 3.5回づつ巻いた同軸(5D2W)の形を整えて、多くのインシュロックタイ(25本使用)でおもいっきり締め付け、エフコテープとビニテで仕上げました。給電側のM座コネクター部は銅板でテーパー管を自作し、Mコネと同軸に半田付け処理しています。
コツは束ねた同軸
(5D2W)を「きつく縛り上げる」のが特性の良い「同軸(5D2W)バラン」を生み出します。

同軸バラン特性

Cox_swrz_325Ω+25Ω負荷として平衡度をシンクロで測定しましたが、100%近くを保っています。

最後に、ローカルのOM
の御指導によりますと黒ビニテでの仕上げは厳禁とのこと、カラスは黒い物を突つくからだそうです。

「ぶさぶさ」にされないように、今回は黄色ビニテで仕上げてRTTYコンテストを長時間楽しみたいと思っています。coldsweats01

« 2007年10月 | トップページ | 2008年4月 »