コンタクト

アドレス(URL): http://ja7gyp.air-nifty.com/hamradio/2005/09/ja7gyp__f24a.html

自己紹介文

・・・小学生の頃から、空に向けて電波を発射する事が夢でした。”夢”実現にむけて高校生の時、秋田県湯沢市から汽車にゆられ仙台市八木山にあった電波高専の階段教室で昭和43年4月にアマチュア無線の国家試験を受験しました。
 昭和43年11月11日付けで一部手書きによる郵政大臣印付きの「JA7GYP」免許状が届きました。AM(A3)の端境期でもあり、SSB(A3J)平衡変調器の理論に取り組みました。以来「JA7GYP-ハム履歴」にあるようにアマチュア無線で空に向け、全世界へ電波を発射している日々です。
 自作やDX交信で”ハム・スピリッツ”を追っかけ、日本のアマチュア無線界を盛況させた団塊世代のハムで、第一級アマチュア無線技士です。
JA7GYPのアマチュア無線史は上記URLをクリックして下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「月刊FBニュース 2016年9月号」の「今月のハム」コーナーにて、JA7GYPが紹介されていますのでご一読ください。  http://www.fbnews.jp/201609/ham/index.html
月刊FBニュースはアマチュア無線の電子webマガジンで、国内外の無線界の活動や歴史などの最新情報が満載されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
160m Bandはシャントフィードアンテナで100エンティティQSOを目標に2011年から取り組んできた結果、ARRL DXCCより「DXCC 160m」2017年12月28日付けの賞状を受け取ることが出来ました。
世界に現在340エンティティがあり、160m Bandで340エンティティ全てと交信するには現状の無線設備では不可能です。 http://ja7gyp.air-nifty.com/hamradio/2018/03/160m-dxcc-15c5.html
ですが、1エンティティでも増すことを楽しみに健康で生涯DX交信に取り組みたいと願っています。

興味のあること

1.無線機器類の自作、調整  2.DX交信  3.写真撮影  4.海釣り  5.山菜採り